ニワトリだけじゃなかった【鳥の子どもはみんなヒヨコ】という事実&「ヒヨコ」の名前の由来

ヒヨコさんとニワトリさん | トリまみれイラスト

ヒヨコ!

…と、
何の脈絡もなく突然切り出してみましたが、
どんなイメージが浮かびましたか?

  • 黄色くて
  • ふわふわで
  • まんまるで
  • ピヨピヨピヨ…

そんなたまらん可愛さのニワトリの子どもこそヒヨコ

ヒヨコさん | トリまみれイラスト

▲過激派ヒヨコさん

でもね、実は「ヒヨコ」って
ニワトリの子ども…という訳ではないんです。

ヒヨドリさん

じゃあ一体誰の子どもなの!?

鳥の子どもはみーんなヒヨコ

最初に言ってしまうと、
ヒヨコはニワトリだけでなく全ての鳥の子どもの事です

ニワトリの子どもはもちろんヒヨコだけれど、
スズメの子どもも、
なんならダチョウの子どもだってヒヨコ。

鳥の子どもはみんなヒヨコ | トリまみれイラスト

…違和感しかない!
どのヒナもヒヨコのイメージとだいぶビジュアルが違うし。

そもそも他の鳥たちの子どもは、
普通は「雛(ひな)」って呼びますしね。

てんキュー

逆に言えば、ニワトリの子どもを
「ニワトリのヒナ」ってあんまり呼ばないのも
不思議と言えば不思議。

辞書で「ヒヨコ」を調べてみた

手持ちの辞書(辞書持ってないから電子辞書に入ってる広辞苑)
「ヒヨコ」の意味を調べてみると…

ひよ-こ【雛】

鳥の子。特にニワトリの子。ひな。

もう、ココに全ての答えが詰め込まれてるようなモンですね。

鳥の子ども全般をさす名前だけれども、
ほとんどの場合はニワトリの子どもの事を言いますよ、
ってコトです。

ヒヨコを漢字変換してみると…

あと、コレは私も初めて知ったんですが、
ヒヨコって漢字にすると「雛(ひな)」なんだって。

てんキュー

パソコンでもスマホでも
「ひよこ」で変換すると「雛」が出てくる…!

雛の読み方 | トリまみれイラスト

ニワトリの子どもだろうがそうじゃなかろうが、
漢字にしてしまえば全部「雛」。

つまり、「ヒヨコ」って名前は
「雛(ひな)」という字の別の読み方であって、
ニワトリの子どもだと限定されている訳ではない
ってのが漢字からもわかりますね。

そもそも何でヒヨコって名前なの?

そもそも、
何で鳥の子どもには「雛(ひな)」という名前と、
「ヒヨコ」という名前があるんでしょうか。

これから一般的に言われている
「ヒヨコ」の語源を2つご紹介します。

てんキュー

ニワトリの子どもであるヒヨコを想像してね!

鳴き声がそもそもヒヨコ。

ヒヨヒヨ…ヒヨヒヨ…
そんなトロけるような可愛い声で鳴きますよね。

可愛いは正義 | トリまみれイラスト

「ヒヨヒヨ」と鳴く「子」だから「ヒヨコ」

わかりやすいでしょ??

「子」という字は「子ども」という意味もありますが、
「小さいもの」「可愛いもの」という意味もあります。

  • ヒヨヒヨ鳴く(ニワトリの)子ども
  • ヒヨヒヨ鳴く小さいもの
  • ヒヨヒヨ鳴く可愛いもの

全部当てはまっちゃいますね( *´ω`* )

歩き方だってヒヨコ。

ちっちゃい体で一生懸命ヒョコヒョコ歩くでしょ?

ヒョコヒョコ…ヒヨコヒヨコ…
ホラ、まさにヒヨコです。

ニワトリさん

えぇ…。

ニワトリの子どもだけがヒヨコと呼ばれるワケ

他の鳥の子どもも「ヒヨコ」と呼んでいてもおかしくないのに、
何でニワトリの子どもだけを
ヒヨコと呼ぶようになったんでしょうか?

てんキュー

ココからは私の個人的な想像を書いてみます。

もし「こうじゃない?」って考えがあったら
是非教えてください(/ ・ω・ )/

いちばん身近な鳥の子どもがヒヨコ!

ニワトリはむかーしから人間と一緒に暮らしてきた、
とっても身近な鳥です。

だから、ニワトリの子ども(いわゆる”ヒヨコ”)も
モチロン目にする機会が多かったハズ。

逆に野生の鳥のヒナなんてそうそう目にしませんよね。

スズメさん

みんな敵に見つからないように
わかりづらい場所を選んで巣を作るからね!

つまり、「鳥のヒナ」と言われて一番にイメージするのは
野鳥のヒナではなく、
よく見かけるニワトリのヒナの事だったハズです。

それで、いつもまわりをチョロチョロしている
ヒヨヒヨ鳴いてヒョコヒョコ歩く
可愛らしいニワトリの子どもを、
いつの間にか親しみを込めて「ヒヨコ」と呼ぶようになった
のではないでしょうか。

てんキュー

他の鳥のヒナだってもっと目にする機会が多ければ、
もしかしたら全部ヒヨコと呼んでいたかもね。

でもやっぱりヒヨコはヒヨコだよね!

ま、何だかんだ言ってもやっぱり
ヒヨコ=まんまるちまちま可愛らしいニワトリの子ども
…というのが一番しっくり(笑

昔から人間と一緒に暮らしてきたからこそ
ヒヨコはヒヨコになったんですね。