【トリのことわざ】雉も鳴かずば撃たれまい(きじもなかずばうたれまい)

キジとダイサギ

今回の主役はこの鳥!

キジ

キジ
和名 キジ
学名 Phasianus Velsicolor
ファシアヌス・ヴェルシコロル
分類 キジ目キジ科キジ属
全長 ♂80cm、♀60cm
※オスの方が尾羽が長いので、そのぶん全長が大きい

 

ことわざの意味

  • 余計な事を言ってしまったせいで、自分に災いを招くこと
  • 言わなければ良いのに、言ったせいで災難にあってしまうこと

 

つまり、「余計なおしゃべりはホドホドにしとけよー」って意味ですね。

 

あんまり調子に乗ってペラペラ喋ってると、

思わぬ面倒ごとを呼び寄せちゃうかも。

キューたろ

ウーン、心当たりあるなあ…(笑

 

ことわざの由来

雉は見た目が派手な鳥ですが、

それでもじっと静かに草むらに潜んでいれば

そうそう見つかる事はありません。

 

でも、雉の鳴き声って結構デカい!

特にオスは「ケーン、ケーン!」と大きな声で鳴くので相当目立ちます。

静かにしていればいいのに、

デカい声で鳴くもんだから簡単に居所がバレて猟師に撃たれちゃう

 

「余計に鳴かなければ、

猟師に撃たれる事もなかっただろうになぁ。」

という事から、

「余計なお喋りをしなければ、

悪い事も起こらなかっただろうになぁ。」

ということわざになりました。

キジさん

別に余計に鳴いてるワケじゃないもん…