海なの?川なの?そっくりすぎる【ウミウとカワウ】の見分け方

ウミウ?カワウ? | トリまみれイラスト

「鵜(ウ)」という鳥を知っていますか?

てんキュー

ほら、よく水辺でのんびり羽を乾かしてる
黒くてデカい鳥です。

水禽類 | トリまみれイラスト

ウにも種類かいくつかありますが、
日本でよく見るウは

  • ウミウ(海鵜)
  • カワウ(川鵜・河鵜)

の2種類。

他にもヒメウチシマウガラスというウもいます。

さて、このウミウとカワウ。

何となく想像がついてる方も多いと思いますが
(というかタイトルで完全にネタバレしていますが)
これまたすんごくよく似てるんですよ。

ダイサギさん

そりゃー海にいるのが”ウミウ”で
川にいるのが”カワウ”なんでしょ?

と思いきや、
川にウミウがいたりもするし。
もちろん海にカワウがいたりもするし。

▼もしかしたらカラスさんより見分けにくいかも…?

ウワサをするハシボソガラスさんとハシブトガラスさん | トリまみれイラスト

【ハシブトガラスとハシボソガラス】そっくりなカラスたちを見分けるポイント5つ

2019.03.20

今回は、そんなそっくりさんでややこしい
ウミウとカワウの見分け方について紹介してみます。

住んでる場所で違いがわかる?

海に来たカワウさん | トリまみれイラスト

先ほどの導入でもちょっと触れましたが、
いかにも
「海にいるのがウミウですよ」
「川にいるのがカワウですよ」
って感じのネーミングですが、
そうとは限りません。

ウミウが川にいることも
カワウが海にいることもあります。

てんキュー

例えば、東京湾は海ですが
そこにいるウはほとんどカワウなんだって。

確かにそれぞれの名前通りの場所にいることが多いので
ザックリと判断するにはそれで良いのですが、
絶対!という見分け方ではないんですね。

どうやら住んでる場所だけで見分けるのは難しそうです。

体の大きさ(全長)で違いがわかる?

ウミウとカワウ、実は体の大きさが違います

ウミウとカワウの違い(全長) | トリまみれイラスト

カワウ:全長80cm / ウミウ:全長84cm

▼「全長とは何ぞや?」という方へ

鳥の身体測定 | トリまみれイラスト

【鳥の身体測定】鳥の大きさってドコからドコまで?全長・翼開長ナド測り方イロイロ

2019.04.03

…といった感じで、
ウミウの方がカワウよりほんのちょっと大きいんですね。

 

って、わかるかーい!

 

正直、隣に並んでくれないと違いがわからない。
1羽でいたら全然わからない。

てんキュー

隣に並んでてもわからない可能性が…

大きさだけで違いが分かるようになるには
ある程度の修行が必要かもしれません。

顔の模様で違いがわかる?

全身真っ黒でそっくりさんなウミウとカワウですが、
実はひとつ明確な(?)違いがあります。

それが、ココ。

ウミウとカワウの違い(口角) | トリまみれイラスト
てんキュー

いつもよりリアル寄りに描いてみたよ。

どちらのウも顔に黄色い部分があるのですが、
ウミウは口角(口の端っこ)で黄色部分が尖っていて
カワウは尖りません。

また、白いほっぺのような部分も
ウミウの方は目の上まで広がっているので大きく見えて、
カワウは控えめだけどくっきりしている印象。

といった具合に、一応ちゃんと区別がつくんですね。

 

って、わかるかーい!(2回目)

 

遠くにいるウの口元なんて見えない。

しかも、ほっぺの白い部分は個体差が大きくて
「白い部分が控えめなウミウ」とかも普通にいるらしい。

望遠鏡や望遠レンズでじっくり覗けるならまだしも、
そのへんで見かけただけのウを見分ける方法としては
結構難易度が高いかも。

体のテカり具合で違いがわかる?

どちらも黒くてテカテカした鳥ですが、
一応そのテカり具合にも違いがあります。

ウミウとカワウの違い(テカり具合) | トリまみれイラスト

ウミウの方がちょっと緑っぽいテカテカで、
カワウの方がちょっと茶色っぽいテカテカ。

ハシブトガラスさん

おおっ、これなら頑張れば違いがわかるんじゃない?

…と思ったんですが、
ウミウも若いうちは茶色っぽいテカテカなので
茶色っぽいテカテカしたウが
果たしてカワウなのか若いウミウなのかわかりづらい。

しかも、どちらも「緑っぽく(or茶色っぽく)テカる」ってだけで
基本的に黒色であることに変わりはないので、
その時の光の具合でテカり方も変わってきます。

 

やっぱりわかるかーい!(3回目)

ウーン、見分けられなくてもいっか。

という訳で、超絶そっくりさんな
ウミウとカワウの見分け方をいくつかご紹介しました。

見分ける方法は無くはないものの、
どれもこれもパッと見で判断しづらかったり
季節や環境、年齢(成鳥・幼鳥)によって見た目が変わったりもするので
難易度がバードウォッチングガチ勢向け。

どうやら通りすがりのウを見た目だけで判断するのは
かなーり難しいようです。

写真なら「顔の模様」もアップでしっかり見られるので判断しやすいかも!

まあ、
海にいるのはだいたいウミウだし、
川や池にいるのはだいたいカワウ。

というか、ウをウだってわかるだけで十分スゴイ。

トリに詳しくない人から見れば、じゅーぶんトリ博士。

てんキュー

「見分け方を紹介します!」と言っておいて
こんな終わり方でいいのだろうか?

…ま、いっか!

▼「ハシブトガラス」と「ハシボソガラス」の見分け方は難易度やさしめ

ウワサをするハシボソガラスさんとハシブトガラスさん | トリまみれイラスト

【ハシブトガラスとハシボソガラス】そっくりなカラスたちを見分けるポイント5つ

2019.03.20

▼ウミウでもカワウでもいいんだけど、こんなポーズ見た事ない?

ウミウさんの羽干し | トリまみれイラスト

ウ(鵜)が水辺で翼を広げてボーッとしているワケ【ウの羽干し】

2022.02.08