【鳥の身体測定】鳥の大きさってドコからドコまで?全長・翼開長ナド測り方イロイロ

大きくなりたいメジロさん

鳥類図鑑を見ていれば

ほとんど必ず鳥の「大きさ」が書いてあります。

「全長」とか「翼開長」とかいう名前だったりしますが、

一体ドコからドコまでのサイズの事なんだろう?

 

ニンゲンの体の大きさといえば、代表的なのは身長ですね。

身長は地面から頭の上までの大きさを測ります。

他には足のサイズだったり、スリーサイズだったり…

 

でも、鳥たちも同じかと言えば答えはNO

 

オカメインコさん

鳥はニンゲンとは全然違うカタチをしてるでしょ?

だからモチロン体の大きさの測り方も違うんだよー。

 

今回は、ニンゲンとはちょっと違う

鳥たちの体の大きさの測り方をイロイロご紹介します(/ ・ω・ )/

 

全長(ぜんちょう)

全長

鳥のからだ全体の大きさが全長。

Length(長さ)の頭文字を取って「L」と書く事もあります。

「L 20cm」って書いてあれば、「全長20cm」って事ですね。

 

てんキュー

鳥類図鑑に載っている鳥の大きさはほとんど全長

もし全長とか翼開長とかではなく

単純に「大きさ○○cm」と書いてあったら、

全長と思って間違いなし!

 

ドコからドコまでの長さ?

全長は、クチバシの先端から尾羽の先端までの長さ

基本的には(↑のメジロさんのように)仰向けにして、

首を軽く伸ばして測ります。

 

クチバシや尾羽が長い鳥に注意!

全長にはクチバシや尾羽も含まれているので、

クチバシや尾羽がグーンと長い鳥=デカい!

クチバシや尾羽が短い鳥=ちっちゃい!

…という事になります、数字ではね。

 

例えばサンコウチョウという鳥。

オスもメスも体の大きさは変わりませんが、

オスの尾羽がとーっても長いのが特徴です。

サンコウチョウさん

だから、メスの全長が17.5cmなのに

オスの全長はナント44.5cm

数字だけ見たらもはや別の生き物。

 

サンコウチョウの全長44.5cmっていうのは

ハシボソガラス(50cm)に迫るイキオイのデカさですが、

実際に見たら可愛らしいちっちゃな小鳥。

とてもカラスと同じくらいの大きさには見えません。

全長ほぼ同じ(?)ハシボソガラスさんとサンコウチョウさん

 

そういうワケで、

全長は鳥の大きさの単位としてよく使われているけど

実際に見た大きさとイマイチ一致しないなんて欠点もあり。

 

特にクチバシや尾羽が長い鳥の全長を見る時には

惑わされないように注意しましょう。

 

嘴峰長(しほうちょう)

嘴峰長

嘴峰長は、その名の通りクチバシの長さの事。

てんキュー

クチバシの根元から先端までの事を嘴峰(しほう)って言います。

知ってるとカッコいい専門用語なので

ぜひ覚えとこう(`・ω・´)

 

ドコからドコまでの長さ?

鳥のおでこの羽毛の生え際から、クチバシの先端まで

直線距離で測るので、

カーブしたクチバシでもまっすぐ測ります。

ソリハシセイタカシギさんの嘴峰長

▲ソリハシセイタカシギさん

 

蝋膜(ろうまく)がある鳥は…

「蝋膜(ろうまく)」という部分は嘴峰長にいれないので注意!

蝋膜がある鳥は、

蝋膜を除いたクチバシの始まりから測ります。

 

蝋膜って何?

一番想像しやすいのがセキセイインコかな?

クチバシとおでこの間に盛り上がった部分がありますよね。

セキセイインコなら、

青かったりピンクだったりする鼻のあたり。

セキセイインコさんのろう膜

クチバシの一部みたいに見えるけど、

柔らかいお肉なんですよ。

セキセイインコさん

黄色いクチバシの部分だけ測るってコトだね。

 

…という事で、蝋膜がある鳥は

思ったより嘴峰長が短くなっちゃう事も。

 

翼長(よくちょう)

翼長

読んで字のごとく翼の長さの事。

広げた翼ではなくたたんだ翼の長さを測ります。

 

てんキュー

「全長」とか「翼開長(次に書いてます)」と比べると、

図鑑でもそんなに見かけないマイナーな印象(笑

 

ドコからドコまでの長さ?

翼角(よくかく)から、一番長い羽(風切羽・かざきりばね)の先端まで

翼角がドコなのかは↑のイラストをみてね!

 

ちなみに翼角はニンゲンで言うと手首。

 

翼開長(よくかいちょう)

翼開長

先ほどの翼長はたたんだ翼の長さでしたが、

翼開長は広げた翼の長さ

Wingspan(翼長)の頭文字を取って「WS」と書くこともあります。

 

てんキュー

翼長と名前が似ててややこしいですが、

翼開長は(翼長と違って)鳥類図鑑にはよく出てくる大きさなので

覚えておくと便利^^b

 

「翼幅(よくふく)」と呼ばれることもありますが、

鳥類学的には「翼幅」ではなく「翼開長」を使う事が多いですね。

 

ドコからドコまでの長さ?

完全に翼を広げて、

翼の先端からもう一方の先端までを測ります。

片方の翼の長さではなくて、

左右両方合わせての長さなのがポイント。

 

翼開長がデカイ=必然的に鳥もデカイ(笑)ので、

全長とは違って実際の見た目の参考にもしやすい数値と言えます。

 

尾長(びちょう)

尾長

これはご想像の通り、尾羽の長さの事。

てんキュー

(びちょう)じゃなくて(おなが)って読んじゃうと

鳥の名前になっちゃうので注意(笑

 

ドコからドコまでの長さ?

尾羽は閉じた状態で、

中央の尾羽の付け根から一番長い尾羽の先端までを測ります。

 

尾羽のカタチは色々な種類があります。

  • 中央の尾羽だけが長い鳥
  • 両端の尾羽が長い(真ん中は短い)鳥

どんなカタチの尾羽であっても、

一番長い羽の先端までが尾長

というのがポイントです。

 

跗蹠長(ふしょちょう)

跗蹠長

難しい字ですが、

鳥の足(↑のイラストの部分)を「跗蹠(ふしょ)」と言います。

てんキュー

簡単に言えば”鳥の足”、

カッコよく言えば”跗蹠”。

 

ドコからドコまでの長さ?

足の曲がっている部分から中指の付け根までを測ります。

ほとんどの鳥は素肌が見える部分ですが、

中には跗蹠までふわふわの羽毛が生えている鳥も^^

 

難しい漢字「跗蹠」

跗蹠

フツーに生きてて「跗蹠」なんて絶対使わないですよね。

てんキュー

なんなら手持ちの電子辞書でも出てこないし…

 

「跗」は足の甲

「蹠」は足の裏って意味があります。

 

鳥の足の曲がっている部分は、

何となくヒザのようにも見えますが

ニンゲンで言う踵(かかと)部分なので、

跗蹠はニンゲンの足の甲足の裏にあたる部分。

 

読んで字の如く。

 

鳥たちならではの測り方たくさん

専門用語がいっぱいでちょっと難しかったかもしれませんが、

図鑑に載っている大きさはほとんどが全長と翼開長

という事だけでも覚えておいて損はナシ!

 

ニンゲンにはなくて鳥たちにはある

クチバシや翼、足(「跗蹠(ふしょ)」、でしたね!)の測り方も

きっとドコかで何かの役にたつことでしょう。

 

…ホントかなあ?

 

 

▼「全長」の測り方がわかれば「ものさし鳥」をもーっと活用できるかも

身長を測るタンチョウさんとメジロさん

知らない鳥でも特徴が掴める!野鳥観察がもーっと楽しくなる【ものさし鳥】

2019.03.15