【トリのことわざ】烏の行水(からすのぎょうずい)

烏の行水 | トリまみれイラスト

今回の主役はこの鳥!

カラス(ハシブトガラス/ハシボソガラス)

ハシブトガラスさんとハシボソガラスさん | トリまみれイラスト

 

ことわざの意味

  • 入浴時間が短いこと
  • お風呂に入ってもサッと出てきてしまうこと

 

お風呂に入ってもすぐに出てきてしまう人の事を指すことわざ

(お風呂から)もう出てきたの!?早くない!?

的な場面で使うとGood!

 

ニワトリさん

あの子はお風呂が嫌いだから、

いつも烏の行水でねえ…

ちゃんと洗えているのかしら?

 

…といったカンジに

「ホントにちゃんと洗った~!?」

みたいなニュアンスで使われる事もあるので、

基本的には人を褒める言い方ではなく

ネガティブ寄りの言い方です。

 

ちなみに「烏(からす)の行水」であって

「鳥(とり)の行水」ではないので注意!

トリという字に似てるけど、カラスという漢字です○

 

「ぎょうすい」ではなく「ぎょうずい」なのもポイントですよ。

 

ことわざの由来

カラスの水浴びの様子から生まれたことわざです。

 

行水とは?

タライや桶などにためたお湯(水)

体をキレイに洗うことを「行水」といいます。

てんキュー

シャワーで体を洗うのは行水とは言わないみたい。

鳥たちも水たまりなどにたまった水でお風呂に入りますから、

とてもピッタリな表現ですよね。

 

皆さんの中には、もしかして

「カラスは汚い・不潔」

というイメージを持っている人はいませんか?

ハシボソガラスさん

まさかそんな人いないよねー!?

 

まあ、確かにイメージだけで言えば、

カラスはゴミを漁ったり散らかしたりする事があるので

キレイな鳥という印象はあまりないかもしれません…

 

宝の山 | トリまみれイラスト

▲宝の山だ!

 

でも、カラスってめちゃくちゃキレイ好き

毎日のように水浴びをして体についたゴミや汚れを落としているので、

いつでも体はピカピカです○

 

…なんですが…

 

その水浴びの時間がとっても短くて、

アッという間に終わってしまう(と言われている)んですね。

 

カラスたち的には満足いくまで

ゆっくりとお風呂を堪能しているのかもしれませんけど、

ニンゲン目線だとあまりにも早すぎるので

キレイに洗ってないように見えちゃう事も。

 

そんな様子をニンゲンに置き換えて、

  • カラスみたいにアッという間にお風呂から出ちゃう
  • (汚れているのに)よく洗わないですぐお風呂から出てくる

という意味で「烏の行水」ということわざが生まれたんですね。

 

てんキュー

カラスさんの名誉のために言っておくと、

入浴時間は短くても

とっても丁寧に体を洗っていますよ。

基本的に鳥たちはみんなキレイ好きなのです。

 

鳥は基本的に「烏の行水」

…と、カラスばかりが

お風呂が短いという意味で注目されてますが、

カラスだけじゃなくて

基本的に鳥たちの入浴時間はとっても短いです。

 

水は地面などの低い位置にたまっているので

水浴びの時間は鳥たちにとってはキケンな時間。

  • (空や木の上に比べて)周りのキケンに気付きにくい
  • キケンに気付いても安全な木の上まで飛ぶのに時間がかかる
  • 地面には鳥をゴハンにするネコやヘビがウロウロしている

などなど危ないことがいっぱいです。

ネコとヘビ | トリまみれイラスト

 

のんびり湯船に浸かって~…

なんてしてるヒマはなく、

できるだけ急いで体をキレイにしなくてはいけません。

 

天敵が多い小さな鳥ほどお風呂が短い傾向があって、

例えばスズメなんて

カラスの何倍もの目まぐるしいスピードで

お風呂タイムが終了したりします。

 

烏の行水より更に短い!という意味で

「雀(すずめ)の行水」なんて例えられる事も。

雀の行水という言葉は本来ありませんが、

本当にお風呂が短い人なんだろうなあ…

と妙に納得してしまう造語ですよね(笑)

スズメさん

ニンゲンが長風呂すぎるんじゃないのー?

 

…という訳で、

特別にカラスだけが入浴時間が短いということはありません。

 

それでもカラスが「お風呂が短い」代表として

このことわざのモデルに選ばれたのは、

  • 他の鳥に比べてカラスが水浴びをする姿をよく見るから
    ※小鳥は基本的にはあまりニンゲンの前で水浴びをしません(ニンゲンが怖いので)
  • よく水浴びするクセにアッという間に終わるのもよく見るから
  • いつも汚れているイメージなのにちゃんと洗ってないように見えるから

…かもしれませんね。