【ユルユル解説】「学名」って一体ナニモノ?鳥たちの学名の仕組み&カンタン読み方講座

メジロさんとスズメさん

私たちが普段呼んでいる鳥たちの名前は

世界共通の名前ではありません

 

日本では「スズメ」と呼び、

英語圏では「Sparrow(スパロウ)」と呼び、

ドイツでは「Sperling(シュペルリング)」と呼び、

スペインでは「Gorrión(ゴリオン)」と呼ぶ。

 

てんキュー

そんなカンジで、

それぞれの国がそれぞれの国の言葉で

鳥たちに名前を付けて呼んでいるワケです。

もう、てんでバラバラ。

 

でも、鳥たちにはみんな別名があります。

国ごとに違う名前とは別の、

世界のドコでも通じちゃうグローバルな名前が!

 

世界のどこでも通じる名前「学名」

「スズメ」や「Sparrow(スパロウ)」などは、

それぞれの国がそれぞれの言葉で呼んでいる名前。

 

世界各国のスズメさん

 

ただ、こうも呼び名がいっぱいあると何かと不便です。

「スズメ」と「Sparrow(スパロウ)」が

同じ鳥なんだか違う鳥なんだかサッパリわかりません。

 

そこで、そうした国ごとに違う名前とは別に

「学名(がくめい)」という世界共通の名前があります。

 

例えばPasser montanus(パッセル・モンタヌス)」

一体何の呪文?ってカンジの難しそうな文字列ですが、

これはスズメの学名です。

てんキュー

ちっちゃくてカワイイ見た目に反して

ずいぶんとゴツい名前がついている…

 

こうした学名はほとんどの鳥類図鑑に載っているので、

図鑑を眺めた事のある人なら

一度は目にしたことがあるんじゃないかな?と思います。

 

学名は世界共通の名前

学名はどこの国に行っても変わりません。

学名を知っている人同士であれば、

国籍を超えて通じちゃう合言葉というワケですね。

 

難しそうだけど、仕組みがわかれば面白い!

スズメさんとメジロさん

Passer montanus(パッセル・モンタヌス)」のように

まるで呪文か暗号のようなナリをしている学名ですが、

一体どういう仕組みで書かれているのでしょうか?

 

学名は基本的にラテン語

学名は「ラテン語」という言語が使われています。

何でかっていうと…

 

  1. 現在使ってる人がほぼいないので、世界共通の名前として公平だから
  2. 誰も使っていない=変化しない=いつまでも変わらない名前として使えるから
  3. 造語が簡単にでき、発見された地名や人名などを表現しやすいから
  4. 教養と格式のある知識人の公用語だったから

 

などなど。

ま、色々と理由はあるみたいですが、

学名の基礎を作ったカール・フォン・リンネさんが

「学名にラテン語を使おうぜ!」って決めたから

…というのが一番簡単な答えです。

てんキュー

シンプルでしょ?

 

「属名」+「種小名」=学名

学名は、基本的には

「属名(ぞくめい)」「種小名(しゅしょうめい)」で1セット。

スズメの学名「Passer montanus(パッセル・モンタヌス)」でいえば、

「Passer(属名)」「 montanus(種小名)」

 

学名を教えるスズメさん

 

大文字で始まる前半の名前が「属名(ぞくめい)」

簡単にいえば「所属チーム」ってカンジでしょうか。

「Passer(パッセル)」は「スズメ属」という意味なので、

スズメさん

「Passer(スズメ属)」というチームに所属してます。

ってワケ。

小文字で始まる後半の名前が「種小名(しゅしょうめい)」

コッチは「その鳥に付けられた名前」の事です。

スズメには「montanus(モンタヌス)」という名前が付けられているので

スズメさん

「montanus(モンタヌス)」という名前の者です。

なんて自己紹介をしているイメージ。

 

…え?わかりづらい?

 

そうだなあ…じゃあ、

属名は「苗字」種小名は「名前」っていうのはどうでしょう。

 

パッセルさんちのモンタヌスさん

 

「田中花子」さんは田中さんち花子さんですよね。

それと同じように

パッセル(スズメ属)さんちモンタヌス(スズメ)さんなんです。

 

斜体(イタリック体)で書くのが暗黙のルール

英語など他のアルファベットの言語とゴチャゴチャにならないように、

学名は普通、斜体(イタリック体)で書かれています。

ナナメに傾いてる文字の事ですね。

 

ナナメなスズメさん

 

あえて他の文字と違う斜体で書く事で、

「これは普通の名前じゃなくて、学名ですよ」

ってわかりやすくしてあるんです。

 

基本ルールを覚えて暗号(学名)を解読!

学名は先ほど書いたようにラテン語で出来ています。

英語などと同じアルファベット(ラテン文字)を使っていますが、

英語と同じようには発音しない事も多いので、

ラテン語を読む時の簡単なルールを紹介していきます○

 

ラテン語を読む時の基本ルール

ラテン語は基本的にローマ字読みをしますが、

↓のようにちょっと注意が必要な読み方をするパターンも。

「c」+母音(a,i,u,e,o) カ行(カ、キ、ク、ケ、コ)
「ch」+母音(a,i,u,e,o) カ行(カ、キ、ク、ケ、コ)
「j」+母音(a,i,u,e,o) ヤ行(ヤ、イ、ユ、エ、ヨ)
「ph」+母音(a,i,u,e,o) ファ行(ファ、フィ、フ、フェ、フォ)
「qu」+母音(a,i,u,e,o) カ行(カ、キ、ク、ケ、コ)
「r」
「th」+母音(a,i,u,e,o) タ行(タ、チ、ツ、テ、ト)
「v」
「x」 クス
「y」 ユ(ィユ)
「z」 ザ行(ザ、ジ、ズ、ゼ、ゾ)

 

試しに読んでみよう!例題3つ

例題①

ハシブトガラス「Corvus macrorhynchos

答え合わせ

「rhy」は「リ」と読みたくなりますが、

「y」は「ユ」と読むので「リュ」という発音。

「cho」は「チョ」じゃなくて「コ」でしたね。

 

…という事で、

正解は「コルヴス・マクロリュンコス」

例題②

コンドル「Vultur gryphus

答え合わせ

「gryphus」が色々詰め込まれてて難しいポイントですね。

小分けにすると

「g(グ)」「ry(リュ)」「phu(フ)」「s(ス)」。

 

…という事で、

正解は「ヴルトゥル・グリュフス」

例題③

タンチョウ「Grus japonensis

答え合わせ

「ja」は「ジャ」と読みたくなっちゃうトコロですが、「ヤ」です。

 

…という事で、

正解は「グルス・ヤポネンシス」

「japon」はモチロン日本の事ですよ。

 

てんキュー

パターンを覚えてしまえば、

割と簡単にそれっぽく読めちゃうハズ!

もちろんコレだけでラテン語マスターとはいきませんが、

楽しく学名を読むためなら

コレくらい覚えておけばじゅーぶんでしょう(/ ・ω・ )/

 

奥が深~い鳥たちの名前

学名って聞いただけでおカタいイメージがあるし、

複雑な文字が並んでて見るからに難しそう…

と、拒否反応が出ていた人もいるかと思います。

てんキュー

何か「勉強」の香りがするもんね…

 

でも、こうしてじっくり見てみると

意外とカンタンな作りをしていて面白そうでしょ?

…あれ、そうでもない?

 

さあ、さっそく友達や家族に向かって

「スズメの学名って何て言うか知ってる?パッセル・モンタヌス。」

とドヤ顔で呪文を唱えに行きましょう。

 

 

▼身近な鳥&知名度高めな鳥たちの学名を集めてみました

オニオオハシさんの学名

【学名一覧(フリガナ付)】身近な鳥&知ってる鳥たちのカッコいい学名まとめ

2019.03.26