知ってるだけで野鳥観察がもーっと楽しくなる【ものさし鳥】

タンチョウとメジロ

外を歩いていたら、

突然見た事のない鳥が現れた!

 

それがキレイな鳥だったり変わった鳥だったりしたら、

もっと詳しく知りたくなっちゃいますよね。

 

そんな時に結構大事なポイントが「大きさ」なのですが…

 

鳥は「色」だけではなかなか見分けがつかない!

パッと見一番わかりやすいのは体の色ですが、

鳥って全然別の種類なのに色や模様が似てたりして

見分けるのが難しい事も多いんです。

だから、体の大きさなど他の特徴も合わせて観察する事が大切◎

 

でも、野鳥に定規を当てて測るわけにもいかないし。

そんな時に知っているとカッコイイのが

「ものさし鳥(ものさしどり)」という鳥たち。

 

鳥たちの大きさの基準!ものさし鳥

ものさしとは定規の事。

 

…もう気づいちゃいましたか?

その名前の通り、

鳥の大きさを見分ける基準となる鳥たちをものさし鳥と呼びます。

 

鳥に詳しくなりたいなら知っておいて損はなし!

スズメとメジロ

例えばメジロを初めて見た時に

「緑色の鳥」

という事しかわからないよりも、

スズメ(=15cm)より少し小さい緑色の鳥」

ってわかった方が断然カッコイイでしょ?(笑

メジロさん
ちなみにメジロの大きさは12cmだよ

 

基準であるものさし鳥の大きさを知っていれば、

わざわざ定規で測らなくたって

野鳥観察中
ウーン、見た感じスズメよりも小さそうだな…

12、3cmってトコでしょ!

…な~んて、見かけた鳥の大きさが大体わかっちゃうのだ(。・з・。)φ

 

図鑑で調べる時にも役に立つ!

詳しい人っぽくてカッコイイ!という効果の他にも

図鑑やインターネットで調べる時に

グーンと種類を絞り込むことができるという実用的なイイコトも◎

 

「大きさ」は鳥を調べるのにとっても重要

「緑色の鳥」はいっぱいいても、

「全長15cmよりやや小さい緑色の鳥」はそこまでいません。

鳥類図鑑

ものさし鳥によっておおよその大きさがわかれば、

図鑑やサイトに書いてある大きさと比べてみて

「コレに違いない!」という鳥にグッと近づくことができます。

メジロとダイサギ

【鳥の身体測定】鳥の大きさってドコからドコまで?全長・翼開長ナド測り方イロイロ

2019.04.03

 

大きさ以外にも使えちゃう

ものさし鳥は体の大きさ以外にも色々な比較に役立つスグレモノ。

 

  • クチバシの長さ、太さ
  • 足の長さ
  • 首の長さ
  • 尾羽(しっぽ)の長さ、形
  • 翼の大きさ
  • 体の太さ

ナドナド、

ものさし鳥と比べられるものはたくさんあります。

 

ヒヨドリ

 

特徴を全部書いていっても良いんだけど

文字数スゴい事になっちゃうから(笑

今回は大きさだけに絞ってお話しています。

 

慣れてきたら大きさ以外の色々な特徴を覚えれば

ものさし鳥をもっとステキに活用できますよ。

メジロさん

メジロだったら

「スズメより少し小さくてスズメよりクチバシが細長い緑色の鳥」

ってトコかな??

 

ここまでいったら鳥マスターはすぐそこ。

もはや鳥の魅力から逃れるすべはありません。

素晴らしき鳥の世界へようこそ!

 

みんなが知ってる身近な鳥がものさし鳥

マイナーな鳥をものさし鳥にしたって、

大きさがイマイチわからなかったり

そもそもその鳥を知らなかったりしたら意味なし(笑

 

なので、

私たちの身近にいていつもよく見ているような鳥たちこそが

ものさし鳥としてバッチリ適任!という事になります。

 

コレが基準だ!ものさし鳥と大きさ

ものさし鳥
ものさし鳥 およその全長(クチバシの先から尾羽の先までの長さ)
 ①スズメ 15cm
 ②ムクドリ 24cm
 ③ヒヨドリ 28cm
 ④キジバト 33cm
 ⑤ハシブトガラス 56cm
メジロとダイサギ

【鳥の身体測定】鳥の大きさってドコからドコまで?全長・翼開長ナド測り方イロイロ

2019.04.03

 

特徴をもうちょっと詳しく見てみる

え、何?

いまいちピンとこない鳥がいる?

それでは、ちょっと簡単に自己紹介をしてもらいましょう。

どの鳥もきっと一度は見たことがある鳥たちですよ^^

 

スズメ

スズメさん
ものさし鳥の中で一番小さい鳥だよ!

いつもたくさんの仲間たちと一緒にいるから見つけやすいかな。

日本にはスズメと見間違っちゃうような鳥はあまりいないけど、

群れで「チュンチュン」鳴いてたらほぼ間違いなく僕たちだね!

 

ムクドリ

ムクドリさん
黒っぽい体に、オレンジ色のクチバシと足がとっても目立つオシャレボディ!

駅前の大きな木に大勢で集まって寝るんだけど、

「ウルサイ」とか「ウンチしすぎ」とか怒られちゃうんだ。

 

ヒヨドリ

ヒヨドリさん
赤いほっぺにボサボサ頭が可愛いでしょ!

「ヒーーヨ!ヒーーヨ!」と大きな高い声で鳴いてるよ。

普通の鳥みたいにまっすぐ飛ぶんじゃなくて、

翼を開いたりたたんだりしながら

波みたいに飛んでるからわかりやすいかな?

 

キジバト

キジバトさん
身近なハトは「キジバト」「カワラバト(ドバト)」の2種類がいるけど、

どちらも大きさはほとんど同じだよー。

駅前とか公園で仲間たちとのんびり過ごしてるのはカワラバトだよ。

 

ハシブトガラス

ハシブトガラスさん
お馴染みの黒っぽい色をした大きな鳥だ。

ハシブトガラス」の他にハシボソガラス」ってヤツもいるが、

ハシブトガラスの方がクチバシが太くて体もチョット大きいぞ。

最初のうちはどっちのカラスかわからないだろうから、

気にせずまとめて「カラス」をものさし鳥にしてもいいな。

ハシブトガラスとハシボソガラス

【ハシブトガラスとハシボソガラス】そっくりなカラスたちを見分けるポイント5つ

2019.03.20

 

自分だけのものさし鳥

ものさし鳥として5種類の鳥たちを紹介しましたが、

実は「ものさし鳥はコレだ!」と決められている訳ではありません。

自分で決める事だってできちゃいます。

 

例えば、

ダイサギをよく見かける人はダイサギも自分のものさし鳥に入れちゃう。

 

ダイサギ

 

ダイサギの大きさは104cmなので、

56cmであるカラスよりもっと大きい鳥の大きさも

見比べることが出来るようになっちゃいますよね。

 

そうやって自分だけのものさし鳥をたくさん作っていけば、

野鳥観察がもっと楽しめる事間違いなし!