【ハシブトガラスとハシボソガラス】そっくりなカラスたちを見分けるポイント5つ

ハシブトガラスとハシボソガラス

私たちがカラスを見て何て呼ぶかって、

まぁ「カラス」ですよね。

 

でも、私たちがいつも見ているカラスは

カラスであってカラスではありません。←?

身近なカラスは2つの種類がいて、

それぞれ「○○カラス」と名前が付いているんです。

 

とってもそっくりだけど、

よーく見れば違いがわかって楽しくなってくる!

カラスたちの特徴と見分け方を紹介します。

 

とってもそっくりな2種類のカラスたち

日本で1年中見かけるカラスは

  • ハシブトガラス
  • ハシボソガラス

という2種類がいます。

 

…とは言え、

カラスの種類なんて気にした事ないって人も多いかもしれませんね。

何故ならどっちも見た目が激似だから!

 

ハシボソガラス

 

2種類いるって知らなかったら、もはや同じ鳥。

本当に違いなんてあるのでしょうか…?

 

渡り鳥としてやってくるカラスたち

以上の2種類以外にも

「ワタリガラス」「ミヤマガラス」「コクマルガラス」などが

冬に渡り鳥として日本にやってくる事があります。

今回は身近なカラス2種類に絞ってお話しますが、

それとは違う変わったカラスを見かけたらラッキーかも!

 

ココを見れば違いがわかる!カラスを見分けるポイント5つ

とてもそっくりなハシブトガラスとハシボソガラスですが、

よーーーく見ればちゃんと違う!

 

見分けるポイントをしっかりおさえて

カラスたちに一目おかれる

”違いのわかるニンゲン”になりましょう。(笑

 

ポイント①鳴き方で見分ける

ハシブトガラスとハシボソガラスの鳴き方
ハシブトガラス

頭はほとんど動かさずに

尾羽をお腹側にヘコヘコ動かしながら鳴きます。

ノドがふわっと膨らむのも特徴!

ハシボソガラス
頭を下げてお辞儀をするような姿勢で鳴きます。

体から必死に絞り出して鳴いてるように見える事も(汗

 

ポイント②鳴き声で見分ける

ハシブトガラスとハシボソガラス
ハシブトガラス

「カーカー」「アーアー」など澄んだ美声。

「アー↓ホー↑」と聞こえちゃったりするのはコッチ。

ハシボソガラス

「ガーガー」「ギャーギャー」など

濁点が入ったような”ダミ声”が特徴です。

 

ポイント③見た目で見分ける

ハシブトガラスとハシボソガラス
ハシブトガラス

「ハシブト」という名前の通り

クチバシが太く、

おでこがもこっと盛り上がって見えます。

ハシボソガラス

もちろん「ハシボソ」という名前の通り

クチバシが細く、

クチバシからおでこにかけてシュッとしています。

キューたろ
ハシブトガラスはずんぐり可愛い系、

ハシボソガラスはスマート美人系ですね^皿^

 

ポイント④歩き方で見分ける

ハシブトガラスとハシボソガラス
ハシブトガラス

スズメのようにピョンピョンはねて歩くことが多いです。

ハシボソガラス

両足を交互に動かしてトコトコ歩くことが多いです。

ただ、どちらのカラスも両方の歩き方ができるので

よーく観察してみてくださいね。

 

ポイント⑤見かける場所で見分ける

ハシボソガラス
ハシブトガラス

高いビルや建物が多く見通しの悪い環境が好きなので、

住宅地や公園などでよく見かけます。

ハシボソガラス

見晴らしのいい環境が好きなので、

郊外の農耕地や田んぼ、川の近くにいる事が多いです。

ハシボソガラスさん

ハシボソガラスだってたまには都会におでかけする事もあるぞ。

その時の気分で行きたいところに飛んでいくし、

「絶対ココにいる!」って訳ではないからな。

 

いつも会うカラスは何てカラス?

最初は全く同じ鳥に見えたカラスたちも、

ここまで読んだ今なら見分けがついちゃうハズ◎

 

「このカラスはハシブトかな?ハシボソかな?」

なんて観察しながら歩くだけで

いつもの道がチョット楽しくなるかもしれませんね^^