花の蜜が大好き!甘党な鳥たちの蜜の吸い方と便利な体の仕組みを大公開【メジロ・ヒヨドリ・スズメ】

メジロさん

冬が終わり少しずつ暖かくなってくると、

「梅にメジロがきてました!」

なーんて投稿がSNSで激増。

カワイイ写真盛りだくさんで気分もほっこりです。

てんキュー

つい最近知ったんですが、

梅にメジロで「梅ジロー(ウメジロー)」っていうらしいですね!

最初はどこかのメジロのニックネームだと思ってた笑

 

とっても目立つうえにあざと可愛いメジロが

SNSの野鳥部門の投稿を埋め尽くす中、

ヒヨドリ、そして(意外と?)スズメも

甘くて栄養満点な花の蜜がダイスキ!

 

そんな花の蜜大好きな鳥たちですが、

どうやって蜜を吸っているのか気になるー!!

…という訳で、今回は

甘党な鳥たちの花の蜜の吸い方についてご紹介します^^

 

蜜を吸う鳥と言えば「ハチドリ」でしょ?

ハチドリは日本の野鳥ではないので

身近な鳥…とはちょっと言えないし、

蜜を吸う仕組みがメジロたちと少し違うので

今回は割愛させていただきました。

フトオハチドリさん
てんキュー

いつかハチドリの記事も書く

…かもしれないし書かないかもしれない(保険)。

 

注目ポイントは「クチバシのカタチ」と「舌のカタチ」

…と、蜜の吸い方をご紹介する前に、

残念な(?)お知らせがございます。

 

今回は花の蜜が大好きな身近な鳥として

  • メジロ
  • ヒヨドリ
  • スズメ

をご紹介していくのですが、

実はこの中で「花の蜜を吸うのが得意」と言える鳥は

メジロとヒヨドリ。だけ。

スズメさん

…ん?

 

花の蜜を吸うのが上手かどうかは

クチバシと舌のカタチを見れば一目瞭然!

…ということを前提に、

それぞれの鳥たちの蜜の吸い方を見ていきましょう○

 

【花蜜上級者①】メジロ

メジロさん

メジロはまんまるでボテッとした体の割に

細くて長いクチバシをしています。

そしてもっと特徴的なのが

筆のように枝分かれしたフッサフサな舌

 

このクチバシと舌のカタチがちょう重要!

 

細長いクチバシは蜜がたまっている花の奥の方まで

スッと差し込む事ができますし、

筆のような舌は蜜をたくさん絡めとれちゃう便利ツールなんです。

 

なんで筆のような舌が蜜を吸うのに便利なの??

例えばですが、

目の前に同じ太さの「鉛筆」と「筆」があるとします。

 

2つを水の入ったコップに突っ込んだら、

どっちが水を多く吸う(含む)でしょうか…?

鉛筆と筆

そりゃあ、筆の方がたくさん吸いますよね。

(吸ってくれないとそもそも文字書けないし…)

 

水などの液体には

「細ーい管があると重力に逆らって吸い上げられる」

という性質があります。

 

筆の場合は、

毛と毛の間の細かい隙間が細い管の代わりになるので

水を吸い上げる力が発生するというワケですね。

もうこれ以上は「毛細管現象」でググってくれ。

 

メジロさんの蜜の吸い方

メジロはこんな便利な体の仕組みをフル活用。

  1. 細長いクチバシを花の奥まで差し込み
  2. 筆のような舌を突っ込んで蜜をたっぷり絡めとって
  3. 舌を引っ込めて口の中へIN!
メジロさん

あとは好きなだけ舌をペロペロ出し入れすれば

上手に花の蜜を食べられるというワケです。

 

ちなみに「蜜を吸う」とは言いますが、

実際には吸うと言うより「掻きだす」ってイメージの方が正解

鳥はニンゲンのように

水などの液体をチューチュー吸う事ができないんです

▼詳しくはこんな記事もあるので、良かったらどうぞ(∩´∀`)∩

メジロさん

ちょっと不便そうな【鳥たちの水の飲み方】ニンゲンはマネしてはいけません。

2019.03.14

 

【花蜜上級者②】ヒヨドリ

ヒヨドリさん

ヒヨドリも細長いクチバシと筆のような長い舌を持っています。

日本ではいつでも見られる身近な鳥ですが、

こんな変わった舌があるなんて知らなかった人も多いのでは??

 

こうして見てみると、

メジロとヒヨドリは全然違う鳥なのに

クチバシも舌もカタチがそっくりですね!

 

ヒヨドリさんの蜜の吸い方

カタチが似ているだけあって、

蜜の吸い方もメジロとほぼ同じ。

  1. 細長いクチバシを花の奥まで差し込み
  2. 筆のような舌を突っ込んで蜜をたっぷり絡めとって
  3. 舌を引っ込めて口の中へIN!
ヒヨドリさん

ヒヨドリはメジロの何倍も身体が大きい鳥ですが、

上手に花の蜜を吸う姿が見られますよ*

てんキュー

あ、でも時々花ごと食べちゃうこともあるとか…笑

 

【強行突破型】スズメ

じゃあ、スズメもきっと花の蜜を吸うための

ちょうど良いカタチをしてるんだろうなー

 

…と思いきや、

残念ながらそうはいきません。

スズメさん

クチバシは太いわ短いわ、

舌も特に筆っぽくもなく鳥として一般的なカタチで、

花の蜜を吸うのには全然向いてない

 

スズメさんの蜜の吸い方

…そういう訳で、スズメは残念ながら

メジロやヒヨドリのように

花にクチバシをさしこんで~…

なんて器用なことはできません。

 

じゃあどうするか。

 

花を根元からブチ切って蜜だけ食べます。

スズメさん

ラッパのように花をくわえて蜜を堪能。

蜜を食べ終わったら花はポイです。

 

それを次から次へと繰り返すもんだから、

スズメが通った後には

キレイな花がまるごと地面にゴロゴロ転がっているという始末…

スズメさんと桜

 

メジロやヒヨドリは花を傷つけずに蜜を吸いますが、

スズメは大事な花をちぎっては投げちぎっては投げするので、

花見がしたいニンゲンにとっては迷惑この上ない!

 

また、メジロやヒヨドリは蜜を吸う時に

顔に花粉をいっぱいくっつけて受粉を助けてくれるので、

蜜を用意する花にとっても良いことがあります。

 

でも、スズメは根元からブチーッといくので

花粉が顔につくことも、花粉を運ぶこともナシ。

花粉を運んでもらいたい花にとっても迷惑この上ない!

てんキュー

花粉を運ばないクセに

蜜だけちゃっかりもらっていくことを

「盗蜜(とうみつ)」と言います笑

 

…ということで、

メジロさんやヒヨドリさんより

ちょーっとスマートさには欠けますが…、笑

それでもスズメたちは工夫して

みんなで美味しい蜜を食べているんですね。

 

最近になって花の蜜が流行ってるスズメさん

花の蜜を食べるようにできていないスズメは

もともと花の蜜を吸う鳥ではなかったと言われています。

 

花の蜜を吸う姿が見られるようになったのは

比較的最近(1980~1990年代頃)のこと。

何かのキッカケで花の蜜を舐めてみたスズメが

スズメさん

みんな!この花ちぎってみ!ちょう美味いよ!!

という具合で(?)群れのみんなに教えたら

いつの間にかほぼ全国のスズメに広まっちゃったカンジ。

…かもしれません。

 

花の蜜は「季節限定のご馳走」

以上、花の蜜が大好きな鳥たちの

蜜の吸い方と便利な体のカタチについて

ご紹介してみましたー。

 

ただし、花は1年中咲いている訳ではないので、

花の蜜が大好きな鳥たちも

普段は果物や虫、種子などを食べています

メジロさん

みんな雑食だから、植物も動物(虫)も食べるよ!

ヒヨドリさん

でもやっぱイチバンは果物よねー。

 

大好きな花の蜜は、期間限定の特別なご馳走!

花が咲く時期だけ見られる可愛い姿を

是非そーっと観察してみてくださいね。

 

 

▼メジロとウグイスの見分け方がイマイチ!というアナタへ

ウグイスとメジロ

SNSでも誤爆多数!?春の象徴【ウグイスとメジロ】のトリ違いポイント

2019.04.30

▼「水の飲み方」も興味あります?

メジロさん

ちょっと不便そうな【鳥たちの水の飲み方】ニンゲンはマネしてはいけません。

2019.03.14